移転しました
http://greeco-channel.com/

2010年05月28日

スズキ:ツイン,Twin (EC22S型)

画像はクルマ・ポータルサイト Goo-netより引用

twin_data.jpg
発売年2003
参照年式2005/02/01


メーカースズキ
型式CBA-EC22S
車名ツイン
グレードガソリンA
お値段57.75万円


全長×全幅×全高2735×1475×1450mm
室内長×幅×高905×1245×1190mm
トレッド前/後1310mm/1290mm
ホイールベース1800mm
最小回転半径3.6m


駆動方式FF
トランスミッション5MT
車両重量570kg


タイヤサイズ 前135/80R12
タイヤサイズ 後135/80R12


エンジン型式K6A
排気量658cc
内径×行程68mm×60.4mm
圧縮比10.5
吸気方式NA
最高出力44ps(32kW)/5500rpm
最大トルク5.8kg・m(56.8N・m)/3500rpm
使用燃料レギュラー
10・15モード燃費26km/L

その他のグレード
参照年式2005/02/012004/06/01



型式CBA-EC22SCAA-EC22S
グレードガソリンBハイブリッドA
お値段88.2万円135.45万円



駆動方式FFFF
トランスミッション3AT4AT
車両重量600kg700kg



タイヤサイズ 前135/80R12135/80R12
タイヤサイズ 後135/80R12135/80R12



エンジン型式K6AK6A
排気量658cc658cc
吸気方式NANA
最高出力44ps(32kW)/5500rpm37ps(27kW)/5500rpm
最大トルク5.8kg・m(56.8N・m)/3500rpm5.6kg・m(54.9N・m)/3500rpm
使用燃料レギュラーレギュラー
10・15モード燃費22.0km/L34.0km/L

下記表の説明

bo/st比平均P・Sps/Lkg・m/Lkg/psprice/ps航続距離¥/1000km
GS・A 5MT0.8911.1m/s66.9ps/L8.8kg・m/L12.95kg/ps1.31/ps546km¥5385
GS・B 3AT0.8911.1m/s66.9ps/L8.8kg・m/L13.64kg/ps2.00/ps462km¥6364
HB・A 4AT0.8911.1m/s56.2ps/L8.5kg・m/L18.92kg/ps3.66/ps714km¥4118


スズキのツインです。今日の自動車の形態が創成されるまでの過渡期ならまだしも、21世紀にもなってこのような車にお目にかかれる日が来ようとは誰が想像し得たでしょう。特別な技術を注ぎ込まずとも、小さくて軽ければ燃費なんてどうとでもなるという見本のような車でございました。

ツインは44ps、5.8kg・m(ハイブリッド車は37ps、5.6kg・m)を発生させる660ccのエンジンに5MTと3AT、ハイブリッド車には4ATが組み合わされ、駆動方式はFFのみとなっていました。ハイブリッド車の燃費も魅力的ではありますが、究極的なシンプルさで勝負したガソリンAの5MTこそ最もツインらしいような気がします。

ツインに搭載されるエンジンはスズキで通常用いられているNAのエンジンより10ps程度のデチューンが施されています。このため大層非力で貧弱な出力に思われますが、驚異的なまでの軽さによりパワーウェイトレシオは12kg〜13kg台となっており遜色のないものとなっています。

もしこれがデチューンされずに54psのエンジンであったら、ガソリンAの場合は10.55kg/psとなり、数値だけ見ればターボを付けて64psとした800kgの軽自動車よりも優れたものとなります。同じ数値を出そうと思ったら出力を76psにするか車両重量を675kgにしなければなりません。

逆にツインにターボモデルがあって64psであったら、パワーウェイトレシオは8.71kg/psとなり、2000ccクラスのNA車に勝るとも劣らない加速力を手にすることができてしまいます。実際に競争するとなるとギヤ比やら何やらの条件が違うので一概には言えませんが、最初の数十メートルは軽い分だけツインが勝つかもしれません。

見た目の可愛らしさにそぐわぬ実力を秘めているツインですが、ツインという車名にもあるように2人しか乗られません。窮屈だけど頑張れば乗れるとかいう話ではなくて、シートが2つしかないので2人しか乗られません。「2人しか乗れなくたって良いんだ!軽ければ良いんだ!」という潔さには心惹かれます。

さて、恒例の車中泊の可否を見ていきたいのですが、普通にやったら到底無理なのは分かりきっているのでリアシートがどうのこうのとは申しません。どうしても寝るならツインから助手席を奪い取るくらいの気概がなければ挑むべきではない類の車です。

しかし世の中とは広いもので、その気概を持って果敢にも挑戦し、見事に達成された方がおられます。為せば成る、為さねば成らぬ〜という格言がピッタリです。


posted by ぜつゆる | スズキ株式会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。