移転しました
http://greeco-channel.com/

2010年06月18日

トヨタ:ラクティス,Ractis (NCP100,105,SCP100型)

画像はクルマ・ポータルサイト Goo-netより引用

ractis_data_1.jpg
発売年2005
参照年式2009/10/01


メーカートヨタ
型式DBA-NCP100
車名ラクティス
グレードG
お値段155.4万円


全長×全幅×全高3955×1695×1640mm
室内長×幅×高1920×1380×1365mm
トレッド前/後1485mm/1475mm
ホイールベース2550mm
最小回転半径4.9m


駆動方式FF
トランスミッションCVT
車両重量1140kg


タイヤサイズ 前175/60R16
タイヤサイズ 後175/60R16


エンジン型式1NZ-FE
排気量1496cc
内径×行程75mm×84.7mm
圧縮比10.5
吸気方式NA
最高出力110ps(81kW)/6000rpm
最大トルク14.4kg・m(141.1N・m)/4400rpm
使用燃料レギュラー
10・15モード燃費18.6km/L

その他のグレード
参照年式2007/12/012007/12/01



型式CBA-NCP105DBA-SCP100
グレードG SパッケージX
お値段193.2万円142.8万円



駆動方式4WDFF
トランスミッション4ATCVT
車両重量1210kg1120kg



タイヤサイズ 前175/60R16175/60R16
タイヤサイズ 後175/60R16175/60R16



エンジン型式1NZ-FE2SZ-FE
排気量1496cc1296cc
吸気方式NANA
最高出力105ps(77kW)/6000rpm87ps(64kW)/6000rpm
最大トルク14.1kg・m(138.2N・m)/4200rpm11.8kg・m(115.6N・m)/4000rpm
使用燃料レギュラーレギュラー
10・15モード燃費14.8km/L18.4km/L

下記表の説明

bo/st比平均P・Sps/Lkg・m/Lkg/psprice/ps航続距離¥/1000km
1.5 FF CVT1.1316.9m/s73.5ps/L9.6kg・m/L10.36kg/ps1.41/ps781.2km¥7527
1.5 4WD AT1.1316.9m/s70.2ps/L9.4kg・m/L11.52kg/ps1.84/ps621.6km¥9459
1.3 FF CVT1.1115.9m/s67.1ps/L9.1kg・m/L12.87kg/ps1.64/ps772.8km¥7609


トヨタのラクティスです。この車を見るたびに「りゃくてぃすううううう」と絶叫するCMが思い浮かびます。CMの内容はほとんど覚えていませんが、「りゃくてぃすうううう」だけははっきり覚えているのでCMとしては大成功の部類と言えましょう。

ラクティスには87ps/11.8kg・mを発生させる1300ccのエンジンと、110ps/14.4kg・m(4WDは105ps/14.1kg・m)を発生させる1500ccのエンジンがあり、駆動方式は1300ccにはFFのみ、1500ccにはFFと4WD、変速機はFFにはCVT、4WDには4ATとなっています。残念ながらMTの設定はありません。

ラクティスに限らず他車においても時折疑問に思っていたのですが、自動車税の区分が変わるわけでもなく、重量税の区分が変わるわけでもなく、特段に燃費が良いわけでもないのに1300ccの設定があるのは何故なのでしょう。1500ccに対して0.2km/Lの燃費向上を1300ccの存在理由とするには弱いような気がするし、やはり最廉価版のためだけに設定されているものなのでしょうか。よく分かりません。

さて、右上にある画像の4番目にある通り、ラクティスはリアシートを倒すことで自転車を積めるほどの荷室を得ることができるようです。是が非でもリアシートを倒して自転車を積みたいというような用事はありませんが、是が非でもリアシートを倒して車中泊したいので大きな画像を探して来ようと思います。

画像は(株)関西オートより引用

ractis_rear_1.jpg 「リアシートが倒れるとはこういう状態を言うのだ」というお手本のような倒れ方です。ちょこざいな段差もなく隙間もなくぺったんぺったんのフルフラットです。これで長さが確保できていれば、形こそ似るもののリアシートが跳ね上げ式であったばかりに車中泊適正試験で今ひとつの評価を与えられたフリードにアドバンテージを得ることができます。

全長の38%くらいを荷室長と見れば、そう大きく外れていることはあるまい推測法によりますと、ラクティスの全長3955mmの38%は1502mmになります。ラクティスはリアシートが跳ね上げ式でないので、その恩恵を存分に享受することで+200mmとすれば1700mmの長さを確保できる、かもしれない、そうだと良いな、です。

フリードの名前が出たのでフリードとラクティスを比較する表を作ってみました。フリードには5人乗り、7人乗り、8人乗りとありますが、ここでは5人乗りのフレックスというグレードを用いて比較しています。


RactisFreed増減
備考FF CVTFF CVT
排気量(cc)149614960cc
最高出力(ps)110118-8ps
最大トルク(kg・m)14.414.7-0.3kg・m
圧縮比10.510.4-
10・15燃費18.616.42.2km/L
全長(mm)39554215-260mm
全幅(mm)169516950mm
全高(mm)16401715-75mm
室内長(mm)1920191010mm
室内幅(mm)1475146510mm
室内高(mm)13651265100mm
車両重量(kg)11401270-130kg
出力荷重比(kg/ps)10.3610.76-
リッター馬力(ps/L)73.578.9-
※緑は数値が大きいほう

なんと、フリードのほうが大きいけど室内はラクティスのほうが広いという結果が出てきてしまいました。何かの間違いじゃなかろうかとためつすがめつして諸元表と睨めっこしてみましたが間違いではなさそうです。

となると、いずれ登場すると噂されるフリードスパイクが出てきて、その諸元を確認するまではラクティスに軍配が上がるということになります。「そういやあラクティスなる車があったなあ」という感じで何の気なしに比べてみたら思わぬ結果で拍子抜けしました。


posted by ぜつゆる | トヨタ自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。