移転しました
http://greeco-channel.com/

2010年07月22日

ローバー:ミニ,MINI (XL,XN12A系,99X系)

画像はクルマ・ポータルサイト Goo-netより引用

1st_mini_data.jpg
発売年1959
参照年式1997/04


メーカーローバー
型式E-XN12A
車名MINI
グレードクーパー
お値段198.9万円


全長×全幅×全高3075×1440×1330mm
室内長×幅×高1640×1155×1120mm
トレッド前/後1235mm/1200mm
ホイールベース2035mm
最小回転半径4.3m


駆動方式FF
変速機4MT
車両重量720kg


タイヤサイズ 前145/70SR12
タイヤサイズ 後145/70SR12


エンジン型式12A
排気量1271cc
内径×行程70.6mm×81.2mm
圧縮比10.1
吸気方式NA
最高出力62ps(46kW)/5700rpm
最大トルク9.6kg・m(94.1N・m)/3900rpm
使用燃料ハイオク
10・15燃費14.5km/L

その他のグレード 1.3L
参照年式1997/041991/06



型式E-XN12AE-XL12T
グレードメイファERAターボ
お値段188.9万円359万円



駆動方式FFFF
変速機4AT4MT
車両重量740kg760kg



タイヤサイズ 前145/70SR12165/60HR13
タイヤサイズ 後145/70SR12165/60HR13



エンジン型式12A12H
排気量1271cc1271cc
吸気方式NAターボ
最高出力53ps(39kW)/5000rpm95ps(70kW)/6130rpm
最大トルク9.3kg・m(91.1N・m)/2600rpm12.0kg・m(117.6N・m)/3600rpm
使用燃料ハイオクハイオク
10・15燃費9.7km/L11.0km/L

1.0L
参照年式1991/061991/06



型式E-99XE-99XA1
グレードクラブマンメイファU
お値段166万円191万円



駆動方式FFFF
変速機4MT4AT
車両重量670kg680kg



タイヤサイズ 前145/70SR12145/70SR12
タイヤサイズ 後145/70SR12145/70SR12



エンジン型式99H99M1
排気量999cc999cc
吸気方式NANA
最高出力42ps(31kW)/5250rpm42ps(31kW)/5250rpm
最大トルク6.8kg・m(66.6N・m)/2600rpm6.80kg・m(66.60N・m)/2600rpm
使用燃料レギュラーハイオク
10・15燃費12.8km/L11.7km/L

下記表の説明

bo/st比平均P・Sps/Lkg・m/Lkg/psprice/ps航続距離¥/1000km
1.3L 4MT1.1515.4m/s48.8ps/L7.6kg・m/L11.61kg/ps3.21/ps493.0km¥10345
1.3L 4AT1.1513.5m/s41.7ps/L7.3kg・m/L13.96kg/ps3.56/ps329.8km¥15464
1.3L Turbo1.1516.6m/s74.7ps/L9.4kg・m/L8.00kg/ps3.78/ps374.0km¥13636
1.0L 4MT1.1813.3m/s42.0ps/L6.8kg・m/L15.95kg/ps3.95/ps435.2km¥10938
1.0L 4AT1.1813.3m/s42.0ps/L6.8kg・m/L16.19kg/ps4.55/ps397.8km¥12821


イギリスの自動車メーカー、ロータスのMINI(ミニ)です。発売は1959年、生産終了は2001年だそうなので、40年間も同じような形で製造され続けたことになります。FFレイアウトを世界で初めて採用したのもMINIだそうで、自動車史に名を残すには十分すぎるほどの実績がある車です。

1990年以降のMINIには42ps、6.8kg・mを発生させる1.0Lのエンジンと、62ps、9.6kg・mを発生させる1.3Lのエンジン、変わったところでは95ps、12.0kg・mを発生させる1.3Lのターボエンジンなんてものもありました。駆動方式はFFのみとなっており、変速機には4MTと4ATが設定されています。

MINIは世界中で愛されているものの、特に日本での人気が高かったという話を聞いたことがあります。そのMINIのデザインを思いっきりパクッた「ミラジーノ」なる車があるところから見ても、その人気ぶりを窺い知ることができましょう。MINIがローバー製からBMW製になろうとも、ミラジーノが初代から2代目になろうとも、ダイハツはMINIを追い続けます。

ミラジーノの話が出たのでMINIとミラジーノを比較してみたいと思います。「ひょっとしたら軽自動車より小さいのでは・・」と思いながらも検証したことがないので個人的には大変に有意義な比較でございます。

mini_gino_hikaku.jpg
左よりローバー MINI、ダイハツ ミラジーノ


MINI
Cooper
1st
Mira Gino
増減
備考1.3L NA0.66L Turbo
お値段(万円)198.9117.39
排気量(cc)1271659612cc
最高出力(ps)6264-2ps
最大トルク(kg・m)9.610.5-0.9kg・m
圧縮比10.18.5-
10・15燃費14.520.0-5.5km/L
全長(mm)30753395-320mm
全幅(mm)14401475-35mm
全高(mm)13301425-95mm
室内長(mm)16401720-80mm
室内幅(mm)11551220-65mm
室内高(mm)11201180-60mm
車両重量(kg)720770-50kg
出力荷重比(kg/ps)11.6112.03-
リッター馬力(ps/L)48.7897.12-

なんと、確かにMINIのほうが小さいようです。軽自動車より小さい普通乗用車が、つい最近まで発売されていたのです。「ボディも排気量も大きければ大きいほど素晴らしい」という最近の風潮を懐疑的に眺めているのでMINIのような車には好感が持てます。

なにせ運転が大層上手なものですから、中途半端な都市部にありがちな狭い路地用に細っこくて全長の短い車がなくては困ってしまいます。また、地図にない村を求めて山野を駆け抜けたり、日本全国旧道巡りの旅をするにも小さなボディは打ってつけです。

絶対的な性能であるとか、車としての完成度で言えば設計が古いだけに最近の車には及ばないことでしょうが、独特の味が魅力の車であるように思います。根強いファンが存在するのも納得の一台です。


posted by ぜつゆる | グレートブリテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。